2012年03月09日

第2回政策分析ネットワーク賞(受賞者・受賞作品)の発表

■受賞者・受賞作品

1)政策分析ネットワーク賞(本賞)
  斉藤淳(1969年生)
  『自民党長期政権の政治経済学―利益誘導政治の自己矛盾』(勁草書房・2010年8月刊行)

2)政策分析ネットワーク奨励賞
  松原光也(1969年生)
  『地理情報システムによる公共交通の分析』(多賀出版・2010年3月刊行)

3)政策分析ネットワーク シンクタンク賞
  片岡剛士(1972年生)
  『日本の「失われた20年 」デフレを超える経済政策に向けて』(藤原書店・2010年2月刊行)

  浅川芳裕(1974年生)
  『日本は世界5位の農業大国』(講談社・2010年2月刊行)

4)政策分析ネットワーク『季刊政策分析』優秀論文賞
  船越 誠(1966年生)
  「ゲームソフト産業における競争と生産性の定量分析」
  (『季刊政策分析』第3巻第1・2合併号(2008年3月))

----------------------------------------------------------------------------------------
■選考委員会メンバー(順不同:敬称略)
⇒選考委員会:2011年10月19日

猪口 孝     :新潟県立大学学長
曽根 泰教   :慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授
八田 達夫   :大阪大学招聘教授
森田 朗    :東京大学公共政策大学院教授
伊藤 元重   :東京大学大学院経済学研究科教授
鵜飼 康東   :関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構長
千田 良吉   :明治大学商学部教授
原田 泰    :大和総研顧問・東京財団上席研究員
田幸 大輔  :政策分析ネットワーク事務局長
----------------------------------------------------------------------------------------

Posted by policynet at 21:07│